• 取得
  • 選択
  • 運用
  • バトンタッチ
不動産活用
不動産のバトンタッチ

借地権の取得

借地人から「借地」を返したいと話があった・・・

借地人Bは父の死去に伴い、地主Aが所有する都内借地を譲り受けた。しかし、Bはすでに郊外にマイホームを所有しているため借地をAに返したいと話した。 借地を返すと言っても「タダ」ではないので、借地権を買い戻すということになるのだが、Aは資金がなかった。

借地権の譲渡の話は自分の土地に戻すチャンスです!

資金がなければ用意をしたり等価交換をしたりで、原則自分の所有権を本当に不動産として活用できる権利に変えていくべきと考えます。不動産の活用も所有権だけでは出来ることが限られます。借地権の取得は積極的にかつ、いつでも出来るように準備をしておくことが大切です。

  • 資金はどうやって準備する?
  • 取得するのは誰が?
  • いつ行うのがベターなの?
  • ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  • ~借地権取得のアドバイスをいたします~

夢のマイホーム

親の名前で借りている借地

Aの親の名前の借地には昔からの木造平屋が建っていた。築50年の平屋はいろいろな所に修繕の必要が出てきている。そんな時、Aの父の口から同居を前提に建物を建て直す話が。Aは自分の名前で建物を建てろといわれたが・・・。

借地権はデリケート。誰の名前で誰が建てるのか。

借地権はデリケートな権利です。お父様の権利であって、ご子息が別名義で家を建ててしまうことで地主側から借地契約の打ち切りを言われるなんてこともあります。しかし、地主さんとの交渉や相続時精算課税精度をうまく使っていくと、それも不可能ではなくなります。

また、建築後に賃貸をする際のリフォームなども当社で取引のあるリフォーム業者がおりますので、ご提案から施工・見積もりまでご相談いただけます。

  • 幾らくらいの費用がかかるのか?
  • 借地権とはどういうものか?
  • 生前相続とは?
  • ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
  • ~単純ではない権利関係、ご相談にのります~
次の不動産活用ステップへ お問い合わせはこちら

ページトップへ 不動産活用事例カテゴリトップへ