• 取得
  • 選択
  • 運用
  • バトンタッチ
不動産活用
不動産のバトンタッチ

遊休不動産の活用方法

なにをもってして運用していくか

借地権を買い戻したAであったが、更地を手にしどのような方法で活用すべきか悩んでいた。大手アパート建設業者によれば一括借上で安定運用ができると勧められた。自宅は父の代から受け継いだ築50年の日本家屋なので、自宅にして住むことも考えられる。 遊休地の活用に積極的だった友人はコインパーキングでの運用を話していた。不動産を有効に活用する方法って・・・。

完璧なものはありません。リスクを知ることが成功への一歩です。

当社は城南地区、大田区での事例が多数あります。活用なさっている方達も様々です。建物を建てるにしても、更地のまま運用するにしても、そこにはリスクがかならずあります。法的なリスクから実務的なリスク、資金面のリスクまで幅広いリスクは経験と実績でカバーできることもあります。

  • 建築すればいくらなの?
  • 一括借り上げってなんなの?
  • 自宅にする場合は税金は優遇されないの?
  • ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  • ~具体的事例より不動産運用のアドバイスをいたします~

施工業者はだれに頼むか

自分の建てたい家はどんな家?

住宅展示場や建て売りを巡るといろいろな物件をみることができる。しかし、お客様を待ちかまえた営業や業者も多い。今売らなければならない建て売りや数字に負われた営業マンに冷静な説明を願うことは難しい。自分は小さく設備が充実した家が欲しかったのだが、賃貸併用がローンは楽ですという文句で、自分の欲しいものとは違うものを提案された・・・。

造る人の要望を聞いてくれる施工業者を

自分が夢見るマイホームは人によって様々だと思います。本来は造りたい家を造るのが当然のことなのですが、なかなか熱心なハウスメーカーの営業さんには伝えにくいものです。当社では普段より意見交換をしている各建設業者からのコンペをおこない、幅広い提案とお客様とのじっくりとしたミーティングを重ねてご相談にのります。 お客様に直接営業をかけない・・・という前提でのプレゼンを受けられます。

また、建築後に賃貸をする際のリフォームなども当社で取引のあるリフォーム業者がおりますので、ご提案から施工・見積もりまでご相談いただけます。

  • 自分の造りたい家を聞いて欲しい。
  • 直接展示場などに行くとウルサイ!
  • 何社かのコンペをしたいがツテがない。
  • ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
  • ~各建設業者さんと信頼関係を築く当社ならではです~
次の不動産活用ステップへ お問い合わせはこちら

ページトップへ 不動産活用事例カテゴリトップへ